不動産で新築を建て住宅エコポイントGET|環境に優しい君はえぇ子

Real estate personal service

上手く活用する術

住宅エコポイントは、いろいろな形で作ることが可能になります。環境や支援などにも使うことができるので、人に役立つ行動をすることも可能です。利用する方法や商品の選び方などを知って上手く活用しましょう。

Read More

活用方法など異なる点

復興支援住宅エコポイントは、従来の住宅エコポイントは異なります。まず、貰うことのできるポイントが違っていきます。また、もらったポイントは、好きな商品と交換することも出来ましたが、最近では、寄付することもできます。

Read More

設備設置でポイント

住宅エコポイントは、エコリフォームやエコキュートなどを設置することでポイントを貰うことが可能です。また、太陽光発電システムや節水型トイレ、などの環境に優しい設備を揃えることでエコポイントを貰うことができます。

Read More

上手く売却する方法

人気のエリアなら高く売れる可能性がありますよ!渋谷でマンションの売却を検討しているならコチラの業者を利用すると良いでしょう。

不動産買取を名古屋エリアで行なうなら、こちらで頼りがいがある専門業者を探しませんか?経験豊富な業者なら安心です。

不動産売却の裏事情とは

不動産売却をするときに通常仲介業者として不動産会社を経由します。その不動産会社は新築や中古など様々な物件を幅広く扱っているのです。 不動産屋の都合としては、できるだけ収益になる事をしたいので、中古物件よりも新築物件を好みます。例えば広告の中に中古物件と新築物件があった場合、新築物件が中心的に載せられており、中古物件は端っこのほうに載っているだけという広告をよく見かけると思います。 新築マンションの場合や新築一戸建て住宅の場合仲介手数料を不動産屋と飼い主の両方からもらえるのです。これに対して中古マンションなどの不動産を売却したとしても買い主からしか番手数料もらえないのです。 単純に考えて、不動産手数料が2倍になります。

不動産いついて知っておこう

もう一つは保証があります。新築不動産に関しては性能の保証がついてくるようになりました。これは(「住宅の品質確保の促進等に関する法律)」という法律が成立したからです。またそれだけでなく建築会社が独自に行っている短期保証もあります。両方とも新築の特権です。 これに対して、15分間にはこのような保証がついてこないことが多くトラブルを起こさないためにも不動産会社としては新築物件の方売りたいのです。マンションを売ると言う事は築年数が新しい家古いいかにかかわらず中古マンションになります。 このように、中古マンションと新築マンションでは不動産売却時の対応がまるで異なります。不動産売却をする場合には、これらの点を注意する必要があります。また不動産売却は飼い主指導ですので、売主はなかなかうまく売却できないのです。

リフォームを検討している方にオススメしたい設計事務所が大阪にありますよ。一級建築士が設計した住宅に住んでみませんか?